性病の自覚症状ってどんなもの?

性病の自覚症状について

性病の検査を受ける大きな動機となるのは自覚症状ですが、そもそもどんな自覚症状が出るのか詳しくない方も多いですよね。
これはもちろん感染する病気によって変わります。
まず淋病の場合をご紹介しましょう。
男性の性器がこれに感染した場合、特徴的な症状となるのは排尿痛と尿道からの膿です。
排尿痛とは尿をしたときに痛みがあるという症状になりますが、淋病の場合、その痛みは比較的強く出ることがあります。

そうなった場合、一日のうちに尿をするたびにやや強い痛みを感じるため、少しつらい症状となるかもしれません。
尿道からの膿とは、何もしていなくても尿道より膿が出てくるという症状となります。
やはり症状の程度はやや強いことがあり、膿の量が多い場合もあります。
下着が汚れるほか、普段は出ることのないものが出てきたことによる精神的なショックを受ける方もおられるでしょう。
このような症状が男性の性器で起こる淋病の特徴的症状となりますが、そのほかに尿道の不快感、違和感、かゆみなどの症状が出ることもあります。
自覚症状は個人差もありますが、これら症状を感じるときは淋病の可能性があります。

淋病以外の性病の自覚症状について

淋病以外の性病の自覚症状についても簡単にご紹介しておきましょう。
淋病と近い症状となるのがクラミジアです。
排尿痛、尿道の違和感や不快感、かゆみ、尿道からの膿といった症状が出ます。
次に梅毒の自覚症状ですが、これは症状の進行度によって変わっていきます。
初期症状は感染部位にできる潰瘍です。
男性器で感染した場合、痛みやかゆみなどのないしこりが性器にできることになります。
そこから症状が進行すると初期の潰瘍は自然に消えるのですが、やがてバラ色の発疹が全身にできるといった症状へと進行します。
この段階で感染に気付く方も多いです。
梅毒はここからさらに進行して全身に重い症状が現れていきますから、早めの治療がおすすめです。

次にコンジローマの自覚症状ですが、これは非常にわかりやすい病気です。
男性器が感染した場合、そこにイボができます。

痛みやかゆみのないイボができたらコンジローマの感染を疑うといいでしょう。
次に性器ヘルペスの自覚症状は、性器にできる水ぶくれで、これは強い痛みがあります
さらに高い熱が出るという全身の症状が出ますから、こちらも感染に気付きやすい性病となるでしょう。
性病の自覚症状はこのように病気の種類によって変わります。
気になる症状があるときは早めに性病科などの病院で相談するといいでしょう。