排尿時の痛みについて

排尿時の痛み

男性で排尿時の痛み、つまりはおしっこをしたときに何か痛みがあるという症状がある場合、何らかの異常が起きている可能性があります。
原因は一つではありませんが、可能性の一つになるのが性病です。
男性の性器に淋病やクラミジアといった病気が感染すると、症状として排尿時の痛みが生じることが多いのです。

これはおしっこのときだけ感じる痛みとなり、それ以外のときに感じることはそれほどありません。
ただ、トイレは一日に何度も行く機会がありますから、そのたびに痛みを感じるため、少し気になる症状となるかもしれません。
一回あたりに感じる痛みはどれほどのものかは個人差もあります。
少し痛みを感じるだけでそれほどつらくない方もいれば、かなり強い痛みとなり、ストレスとなる方もおられます。
クラミジアと淋病の場合、どちらかというと淋病の方が強い痛みを感じる傾向があります。

もしその排尿時の痛みがクラミジアや淋病が原因だった場合、そのほかに出ることのある症状もあります。
同じく排尿時に違和感やかゆみ、不快感があるといった症状のほかに、尿道から膿が出るという症状もあります。
普段おしっこが出ているその部分から膿が出てくるわけです。
精液のようにべたべたしたものですが、精液とは違うものです。
色は黄白色または黄緑色となるため、なにか見慣れないべたべたしたものが出てきたと不安に思う症状となるかもしれません。

排尿時の痛みがあると性病?

男性の性器がクラミジアや淋病に感染すると排尿時の痛みをはじめ、先にご紹介したような症状が現れることが多いものの、これら症状があれば絶対性病とは決まっていません。
これらは尿道炎の症状となることが多いのですが、この病気は性病と関係なく起こることもあるのです。
その原因は病院で医師の診察や検査を受けて判明しますから、性病に感染する出来事に心当たりがある方もない方も、排尿時の痛みなどあれば病院を受診するといいでしょう。

排尿時の痛みがあるときは

このときに受診するといいのは泌尿器科、性病科などとなります。
泌尿器科は尿に関係する臓器を診ているため、尿道炎といった病気や、排尿時の痛みという症状を相談する病院としてはぴったりです。
その原因がクラミジアや淋病といった性病の場合でも対応できますし、それとは関係ない尿道炎にも対応可能です。

性病科は性病に特化した診察をしているため、クラミジアや淋病といった性病に感染する出来事に心当たりがある方に向いている病院です。
まったく心当たりがない方は泌尿器科を選ぶといいでしょう。